プロフィール

はじめまして。めろぱぱと申します。

妻と娘を愛する30代のサラリーマンです。

平穏無事な生活に幸せを感じつつも、もっと良い暮らしをしたい!という野望を心の奥に秘めており、計画と実行のためにブログを開設しました。

⇒ 「 父さんの野望 」 というブログタイトルにさせていただきました。

自己紹介

幼少期 ~ 青年期

福岡県で生まれ育ったどこにでもいるちょっと目立ちたがり屋の少年でした。

幼い頃からテレビが大好きで、東京に対して猛烈な憧れとコンプレックスを感じており、

絶対に東京に行って成功してやる!そんなことを心の中に秘めて育ちました。

18歳で上京

大学進学のタイミングで上京をし、役者として成功するという夢に向けて走り出します。

勉強そっちのけで、アルバイトばかりをしていました。

今考えるともっと勉強をして、有意義な学生生活を送っておけばよかったと心から思います。

大学卒業後、レッスンばっかりで仕事が増えない状況に不安を抱えながらも諦めがつかずにフリーターとしての道を歩み始めます。

大学卒業後

当時の自分の中では確固とした意志があったのかもしれませんが、いま改めて考えるとその意志というのはいひどく脆弱なものでした。

役者としての仕事は増えずアルバイトばかりの状況に嫌気が差し、何かを変えたいと思い、大学卒業から1年半で事務所から離れワーキングホリデーで海外で生活をするいう道を選択します。

大学卒業後とは言え、まだまだ若く希望に満ち溢れていましたし、せっかく就職しなかったのだから普通の人ができないことをしよう!という思いだったのです。

海外生活とその後

ワーホリでカナダでの生活を終え、異文化と触れ合うことの楽しさを学び

日本に帰国後もアルバイトでお金を貯めて、海外にバックパックひとつで旅に出るようになりました。

アメリカ横断/西ヨーロッパ横断/中国三都の貧乏旅行など放浪の時期です。

国際交流に目覚めた私は、日本語教員の資格を取得して職業人として国際交流をしようという次の目標を持ち、一年間の専門学校に通い無事資格を取得します。

就職の道を選びサラリーマンに

日本語学校の教師として非常勤として働き始めますが、学校からのお給料だけでは生活もできずアルバイトを継続したため、心身に不調をきたし、早々にリタイア。

もうここまで来たらやりたいことでなく、現実を見て職に就こう!

長い間心配をかけた両親と、当時の彼女(=今の妻)との将来のことを考えよう!という思いから、20代最後の年にサラリーマンになることを決意します。

会社員としての生活…そして現在

就職をして正社員となり、結婚をして子供まで授かり、世の中でいう人並みの幸せと安定を手にしました。

仕事が終わり家に帰ると愛する妻と娘がいる。こんな幸せはありません。

しかしながら、こんなことで満足してはいけないと思っています。

もっと家族と一緒にいられる時間を増やしたい。

生活と少しの貯蓄で精一杯の所得をもっと増やしたい。

会社に縛られることなく自由に働きたい。

夢は無限に広がります。

分不相応な大きな望みかもしれません。

大きな野望を持って、未来に向かい走り出したお父さんの背中を娘に見せたい。

道は開かれたばかりです。