ブログ・SNS

【Twitterでフォロワー1000人を超えて学んだこと】価値の提供について考えた

Twitterフォロワー

ブログ運営をする際、TwitterやfacebookなどのSNSを一緒にすると良い、というような内容の記事はよく目にします。

特にブログを書き始めたばかりの頃は、検索エンジンからの流入がないので、SNS経由でアクセスしてもらうことはモチベーションの維持という面からみても貴重です。

また、Twitter上で、自分と同じような境遇の人と繋がることで、他の人のやり方を学ぶことができます。

私自身、ブログを始めるタイミングでTwitterのアカウントを作成し、3ヶ月弱でフォロワーが1000人に到達することができました。

今回は、フォロワーが1000人に増えるまでに学んだことや考えたことをまとめてみました。

ブログもSNSも「価値の提供」ができるかどうか重要

ブログもSNSも、「価値の提供」に意識を置くべきです。

価値のあるツイートをすることができればTwitterのフォロワーは自然と増えるはずです。

フォロワーが多い人のツイートを見てみると、たしかに情報として面白いものや、刺激を与えれくれるものになっています。

誰もあなたがお昼ご飯に食べたものなんて興味がないです。しかし、同じようなツイートでも、芸能人の場合は興味を持つ人は存在します。

同じような情報でも発信する人が異なると価値が生まれることもあります。

「誰が×何を」発信したかで、情報の価値は決まります。

ただ多くの人は、普通の人だと思います。「誰が」の部分に価値が出せない現状、「何を」の部分で価値を生んでいくしかありません。

そして、価値を生み続けることで「誰が」の部分である、あなた自身がブランド化する事でさらに大きな価値を生むことができます。

相互フォローは価値があるのか?

相互フォローに価値があるかどうかは、意見が分かれると思います。

お互いに価値を感じてフォローしあっているケースもあれば、フォローすることを条件に相手にフォローしてもらうような相互フォローもあると思います。

価値の大小ということで考えると、確かに前者の方が価値は大きいかとは思いますが、後者の関係にも少なからず価値はあると考えます。

というよりは、価値があると感じる人がいるから存在していると言うのが正解かもしれません。

私自身、これまでフォロー&リツイートの企画をすると、普段のツイートの何倍もの多くの人から反応してもらうことができました。

価値があるかどうかは、本人が決めることではなく、相手が決めることです。

ツイートはあくまでもつぶやきなので、好きなことを書けばいいですが、Twitterを通して集客したりブログを読んで欲しいと考えるのであれば、その事は常に考えるべきだと感じています。

情報として価値があるものを目指すべき

Twitterをする目的は人それぞれだと思いますが、このページをご覧い頂いている人の多くは、ブログを運営されている方であると思います。

ブロガー視点で見た時、相互フォローはあくまでもきっかけとして、最終的な目的を考えるのであれば、価値のある情報を発信していきたいものです。

価値のある情報を発信するためには、アウトプットの力も当然ですが、新しいものを吸収するインプットも非常に重要です。

あまり堅苦しく考えず、自分自身が価値があると思うような情報を集めて、それを発信していく。

このことこそが価値の提供に繋がると感じます。

新しい情報を集めること、すなわち本を読むなど勉強する事は怠ってはいけないと痛感しています。

フォロワー1000人を達成して 〜まとめ〜

1つの目標でもあったフォロワー1000人ですが、本当に大切なのはフォロワー数でなく、それに見合った情報を発信できているかどうか?だと思います。

フォロワー数と比例するように情報の価値を伸ばすことができているかは常に考えるようにしたいです。

この人をフォローすると何か良い情報が手に入る!と思ってもらえるよう、これからもTwitterやブログでの情報を発信を続けていければと思います。