家事・育児

子育てで父親がイライラする5つの理由と対処法

父親 イライラ

共働きの世帯が増え、父親が積極的に育児に参加する家庭が増えているように感じます。

休日には、お父さん1人で子供を連れて公園で遊んでいたり、散歩をしたりする姿を以前よりも多く見るようになりました。

ただ、育児でイライラを感じてしまうのは、父親も母親も同じです。

今回は、父親目線で子育てにイライラしてしまう理由とその対処法に付いて考えてみました。

子育てで父親がイライラする5つの理由

環境の違いこそあれど、子育てをしている以上イライラすることは自然なことです。

まずは、イライラするポイントは何なのか?理由について理解しておきましょう。

理由① 妻にダメ出しをされるから

夫の子育てにイライラする妻が多いという話は良く耳にしますが、それは夫目線でも同じです。

せっかく頑張っているのに、妻の態度が悪いとイライラするかやる気をなくすか2つに1つです。

理由② 子供が母親ばかり求めるから

父親である自分が遊んでいるのに、「ママ、ママ」と母親ばかり子供が求めることはあると思います。

ママが好きなのはわかるとして、切ない気持ちになりますし疲れているときはイライラの原因にもなります。

理由③ 仕事で心に余裕が無くなるから

仕事で疲れている状態で、子供のお守りをするのは精神的にも辛いです。

家ではゆっくりしたいのに、それができない状況で思うようにならないとイライラしてしまいがちです。

理由④ 自分の時間が作れないから

誰しも自分1人になる時間は必要です。

しかし、子供が小さいうちは思うように自分お時間を作ることができずストレスが貯まります。

そんな状況での子育てはイライラに繋がる可能性があります。

理由⑤ 子供が言うことを聞かないから

直接的な一番の理由として、子供が言うことを聞かないことがあるでしょう。

思うようにならないことは、ただでさえイライラさせられます。

イライラしない為の対処法

対処法① 夫婦関係を良好に保つ

妻の対応にイライラすることは、自然なことです。

イライラ態度を取らせない為には、良いことも悪いことも夫婦間で共有することです。

女性は情報の交換をすることを重視する傾向にあるので、妻の満足度も上がるでしょう。

対処法② 子供は母親が好きであると理解する

子供が「ママ、ママ」になることに関しては仕方が無いことです。

だって、お腹の中から10ヶ月もずっと一緒にいて、おっぱいをくれるのも母親です。

寂しいですが、当たり前のことと割り切り、父親としての役目を全うすることに意識をおきましょう。

対処法③ 仕事とプライベートを切り離して考える

仕事が辛いと子育ても上手く行かない気がしますよね。すごくわかります。

ただ仕事は仕事、プライベートはプライベートとして切り分ける習慣をつけないと家でもずっと気が張ったままです。

なかなか仕事が頭から離れないことはあると思いますが、子供の為にも家にいる時間は家庭に集中したい所です。

対処法④ 子供が寝た後に1人の時間を確保する

妻と協力してそれぞれ1人の時間を作る努力はできますが、やはり子供が寝た後というのが現実的でしょう。

ただ、1人時間を作る為に、睡眠不足になってしまっては別のストレスが貯まるのでバランスを考えましょう。

対処法⑤ 子供の成長の為には必要なことだと考える

子供が成長するとイヤイヤ期に突入します。

言うことを聞かないとつい感情的になってしまいますが、子供の成長の為にも必要な時期です。

イライラを抑えつつ子供に付き合うようにしましょう。辛いですけどね。

イライラして当たり前!適度に息抜きを

子育てをしている以上、イライラすることは自然なことだと思います。

その苦労も含めて、子育てだと考えるくらいでちょうど良いかもしれません。

イライラしっぱなしだと、家庭環境が悪くなり、子供にも良い影響はありません。

夫婦で協力をして、適度に息抜きをしながら、子供と向き合うようにしましょう。

考え方をちょっと変えるだけで、少し楽な気持ちになるかもしれません。