ライフハック

行動力がない人の5つの特徴と行動力を確実に上げる方法

行動力を上げる

エネルギッシュで仕事ができる人の特徴のひとつに「行動力がある」ということがあると思います。

行動力がある人は見ていて気持ちが良いので、自分自身もそうあるべきだとは思いつつなかなか行動に移せないという人も少なくはないはずです。

今回は行動力がない人の5つの特徴について触れた上で、行動力を上げる方法について解説したいと思います。

行動力がない人の5つの特徴

行動力がない人は頼りがいがなく、時としてイライラする対象にもなりえますが行動力がない人にはどのような特徴があるでしょうか?

私は以下のようなタイプの人に行動力がないと感じてしまうことがあります。

  1. 意志が弱い
  2. 誰かに依存している
  3. 口ばかりが達者
  4. 考えている時間が長い
  5. 目標に期限を決めない

①意志が弱い

物事に対しての積極性が低く、自分はこうしたい!こうありたい!という考えが弱い人は、行動力がないと言えます。

そもそも自分がどうしたいかが決まっていない状態では、行動する理由もないので自ら行動を起こしません。

やりたいことだけでなく、やりたくないことでも動く原動力にはなります。

何事にも自分の考えを持つ習慣をつけるのが良いでしょう。

②誰かに依存している

自分自身では意思決定が出来ず、誰かと一緒に行動をしないと不安になってしまう人も行動力がないと言えます。

誰かに依存している限り、自発的に行動することはないので行動力がないように人から見られてしまいます。

他人ありきなく、自分がどうしたいのかを基軸に物事を考えることが必要です。

③言い訳が得意

自分がやらない理由を見つけて、すぐに言い訳をする人も行動力がないのと同じです。

自分で意思決定をしているように弁解をしますが、言い訳ばかりしているといずれ行動ができなくなってしまいます。

自分自身では気がついていないかもしれませんが、もう既に行動が出来ない人間になってしまっている可能性は高いです。

④考えている時間が長い

物事について考えることは素晴らしいことですが、その時間が長すぎると行動力がないというレッテルを貼られてしまいます。

最初に少し考えたら早い段階で行動を始めて、行動をしながら考えることが大切です。

いつまでも考えていても思うような答えは導きだすことは出来ません。

⑤目標に期限を決めない

目標を立てたとしても、その目標に期日を決めなければ後回しにしてしまいなかなか行動に移すことが出来ません。

やるやると言って、いつまで待ってもやらないという人がたまにいますがそういう人は周囲からの信用が低いと思って良いでしょう。

期限を決めない限り目標の達成は難しく気がついたら時間ばかりが過ぎてしまっていた、なんてことになってしまいます。

行動力を確実に上げる方法

①どういう自分になりたいかを常に意識する

自分自身が理想とするなりたい自分を意識することで、「変化する必要性」を感じることができます。

このことを原動力にして次から次に行動を起こすことが出来るようになります。

変わらないことが最大のリスクだと理解して、行動することを求める自分になれるはずです。

②まずは動いてそれから考える癖を付ける

初動をどれだけ早くできるかは、勝負の分かれ目と言っても過言ではありません。

考え無しに動き始めることは愚かだと避難されるかもしれませんが、動きながらでも考えることは出来ますし、動き始めてでないとわからないことの方が多いはずです。

まずは動く習慣が出来れば行動力は確実に上がります。

③完璧を求めても完璧にはならないことを理解する

完璧を目指さないことも行動力を上げることに繋がります。

そもそも完璧を求めても完璧にはなりません、70〜80%くらいで切れば良いと割り切って行動を早く始める人間の方が成果が出るのは早いものです。

行動力がある人は魅力的に映る

人が魅力を感じる要素は様々あるかと思いますが、行動力がある人は周囲の人に対してとても魅力的に映るものです。

自ら考え動き、道を切り開いていく姿は見ていて頼もしく思いますし、人を率いる力がある特別な人間だとも言えます。

行動力は先天的なものでなく、意識を変えるだけでも確実に上げることは出来ます。

より魅力的で、何より自分自身に誇りを持って生きる為にも、行動力を高める意識をしておきましょう。