ライフハック

【適応力を上げる方法】環境の変化に適応することの重要性

変化への適応

仕事において最も重要な能力は何だと思いますか?

業種によって求められるものは異なるので一概には言えませんが、どのような業種でも必要とされるのは「環境に適応する能力」だと私は思っています。

同じ業務をしていると、長い間同じ環境で働くので必要ないと思う方もいるかもしれませんが、そのような発想になってしまっているとしたら、とても危険です。

気付いていないだけで、環境は日々変化していますし、環境の変化に敏感であることはとても大切なことです。

今回は、環境の変化に適応することの重要性と適応力を高める方法についてまとめてみました。

適応力が重要である理由

適応力とは、自身が置かれた環境を把握をして、その環境の中でふさわしい対応をすることができる能力のことです。

適応力が重要である理由に以下のことが挙げられます。

  1. 周囲とのコミュニケーションがうまくとれる
  2. 課題を見つけ解決することができる
  3. 良い環境を作ることができる

周囲とのコミュニケーションがうまくとれる

「コミュニケーション能力」ともいえるかもしれませんが、適応力の高い人は環境に馴染む力が高いので周囲との連携がとることが上手いです。

当然、コミュニケーションは、社内だけでなく社外の人に対しても発生しますが、柔軟に対応することができるので円滑に仕事を進めることができます。

当然、外的要因である所属する環境は自分自身で変えることはできません。

しかしながら環境を適応して、自分自身が変化することで環境に適応していくことは可能です。

課題を見つけ解決することができる

「問題解決力」とも言えるかもしれませんが、問題を解決するためには、まず何が課題かを把握する必要があります。

適応力が高い人は、環境に適応する中で覚えた違和感を課題に変えて、調整をしています。

課題の把握をしても何もしない、あるいは課題を理解せずに行動するでは、解決には繋がりません。

「ソリューション」という言葉が、流行りましたが、環境に適応することこそが、問題発見⇒解決の近道なのかもしれません。

良い環境を作ることができる

環境に適応し、問題を解決することができる人は、周りにも良い影響を与えます。

適応力が高い人は、嫉妬深い一部の人間を除き多くの人に好かれ尊敬されるので、意見も通りやすくなります。

適応力というと、現場の人間がいかに環境に適応できるかということをイメージしがちですが、管理職の人間にこそ必要な能力です。

能動的に行動をして、環境を良い方向に変えていくことにも意識を向けましょう。

適応力を上げる方法

非常に残念なことではありますが、適応力はすぐに上げることはできません。

日々の意識と積み重ねにより、少しずつ自分自身に染み付いていくものです。

そのことを理解した上で、適応力を上げる方法を紹介します。

  1. 新しいことにチャレンジし続ける
  2. 人の意見や考えを尊重し学ぶ
  3. 適応力が高い人の言動を取り入れる

新しいことにチャレンジし続ける

同じ環境にずっといては、変化し適応する機会は多くありません。

まずは、どんな小さなことでもチャレンジをすることを意識し、継続することが大切です。

挑戦の数だけ、課題も多く適応しなければ機会も多いです。

経験と積み重ねは何よりもの強みになります。

相手の意見や考えを尊重し学ぶ

相手がいて初めて会話が成立するということを忘れてはいけません。

その上で、相手の意見をしっかり聞き尊重することが大切です。

自己主張も大切ですが、まずは、相手の話を聞き受け止めることが適応への第一歩です。

適応力が高い人の言動を取り入れる

メンターとなる人を見つけることは何事においても大切なことですが、適応力を上げることにおいても大切なことです。

適応力が高いと思える人は、自分が目指すべき人物像でもあります。

考え方や行動など真似をすることで、自分自身にもその人の言動の真意が見えてくるものです。

適応力の向上はライフワーク

適応力には満点もなければゴールもありません。

環境は変わり続けるので、自分自身も環境の変化に置いて行かれないように変わり続けなければなりません。

環境を把握し、適応することが自然にできるようになれば、楽に生きることができるようになると思います。

私自身、適応力の向上はライフワークとして捉えるべき事柄だと考えています。

日々の小さな行動を意識し、変化を受け入れることで、適応力を向上を目指しましょう。