ライフハック

【他人と比較するべきでない理由】比べないための3つの方法

他人と比較

他人と比較して、優越感を感じたり、逆に劣等感を感じたりすることはあると思います。

頭では理解していても、無意識のうちに他人と自分を比べてしまっている。

これが我々人間の特性かもしれません。

しかし、誰かと比較を続けている限り、常に劣等感を持ち続けることになり、幸せな人生を送ることはできません。

今回は、「他人との比較をやめること」について真剣に考えてみました。

他人と比較をするべきでない理由

比較を初めてのことしまうと、比較対象者より、優れている点や劣っている点が見えてきます。

自分自身を見つめなおし、改善していくことは大切なことですが自身の成長を測る「ものさし」を他人にすることは良くないことです。

自分自身が日々変化するように、他人も日々変化をしていますので、他人で自分を測ることは誤った判定を生む可能性が高いのです。

また、他人と比較することで、できない自分に対して情けないと思う気持ちが生まれます。

しかしながら、人ができることと自分ができないことは全くの無関係なことです。

まったく因果関係がない2つのことについて、考えてもしょうがないので、他人と比較することにあまり意味はないと覚えておきましょう。

劣等感を持っても何も解決しない

劣等感は、「辛い」という気持ちを生んでしまいます。

辛い気持ちでいては、幸せな人生を送ることはできなませんし、そもそも劣等感を持ったところで何かが解決するというわけでもありません。

なかには、ライバルを作って「あいつには負けない!」という気持ちで切磋琢磨をしていくうちに成長をしていくというケースもあるかもしれませんが、それはスポーツなど勝ち負け事態に価値があることの話です。

人生に勝ち負けはありませんし、人の数だけ生き方があります。

だとするのであれば、他人を見るのでなく、自分自身がどのような人生を過ごしていきたいのかをしっかり考えるべきです。

自分自身と対話したうえで、変化していくことの方が、よっぽど価値のあることです。

他人と比較しないため3つの方法

比較しない方がいいことはわかったとしても、無意識のうちに比較はしてしまうものです。

比較しないで済むための3つの方法をご紹介します。

  • 比較対象になりうる人を見ない
  • 目に見えないものに価値を探す
  • 自分自身が夢中になれる事を探す

比較対象になりうる人を見ない

あなたが比較してしまう人はどのような人ですか?おそらく、境遇が自分に似ている人だと思います。

例えば、あなたが会社員だったとして、女子高生と比較して、うらやましく思い劣等感を感じることはないと思います。

自分自身が比較の対象にしてしまいそうな境遇の人がある程度わかったら、そのような情報は極力目につかないようにしておくことがお勧めです。

例えばSNSなど、同級生などが多いと思うので、どうしても比較してしまうかもしれませんが、そのような環境であるなら、いっそのことやめてしまうといいかもしれません。

目につくことがなければ、気にすることもなく比較することもありません。

目に見えないものに価値を探す

比較の対象はどのようなものでしょうか?例えば、仕事であれば役職や成績などに目が行きがちです。

プライベートであれば、結婚しているか?子供がいるか?お金があるか?などがあるかもしれません。

確かに、そういったわかりやすいもので判断してしまう気持ちはわかりますが、本当に大切なのは、そのようなような状況に至るうえで何を考え、そして今どう感じているかです。

目に見えないものに価値を見出すことができれば、比較を止めるきっかけになるかもしれません。

自分自身が夢中になれる事を探す

例えば、仕事が人生のすべてだ!という人がいたとして、そんな人が、仕事で他人と比較をしてしまい劣等感を持ってしまったら、人生自体が劣等感まみれになってしまいます。

そんな人にお勧めしたいのが、仕事以外で夢中になれる事を見つけることです。

仕事以外に自分自身が夢中になれることができれば、仕事で他人と比べることよりも、そちらのことに価値観が移ります。

仕事を例に挙げましたが、他のことでも同じことが言えると思います。

他人に目を向けるのでなく、自分自身に目を向けられるようになれば、比較する人生から抜け出せるチャンスです。

より良い人生を送るために考えたいこと

周りにこれだけたくさんの人がいて、それぞれの社会があり、比較せざるを得ない環境があるので、おそらく完全に他人と比較しないということは難しいと思います。

環境は境遇は違えど、それぞれのコミュニティで比較は生まれるのではないでしょうか?

しかし、大切なのは、自分が何に価値を感じるかを理解したうえで、どのような人生を送っていくかです。

他人との比較をするのではなく、自分自身がその価値観をもとに成長していると理解するようにしましょう。

そうすることで、本当に価値があることに気付き、比較しても意味がないことを感じられるはずです。