ライフハック

仕事ができる人が愚痴を言わない理由|愚痴りたくなった時にとるべき行動

愚痴りたい

組織で仕事をしている以上、自分自身の思うようにならないことは多いと思います。

上司、部下、顧客などといった、人と関わる業務をしているのであれば尚更だと思います。

ただ、そんな環境下でも成果を上げている(いわゆる仕事のできる人間)は不思議と愚痴を口にしないものです。

今回は、仕事ができる人が愚痴を言わない理由と、愚痴を言いたくなった時にとるべき行動について解説したいと思います。

仕事ができる人が愚痴を言わない理由

結論になってしまいますが、仕事ができる人が愚痴を言わない理由は、愚痴を言っても何も解決しないことを理解しているからです。

愚痴を言うとスッキリした気持ちになりますし、刹那的には楽な気持ちにはなります。

しかしながら根本的な解決には至らない、それが愚痴という行為です。

 

ただ、嫌なことや辛いことがあったら愚痴りたくなる心情は理解できます。

(私自身、以前は愚痴を酒のつまみにして同僚としばしば飲みに行っていました)

そんな時は、是非立ち止まって、考えてみてほしいのです。

愚痴りたくなった時にとるべき行動

仕事終わりのこんなことはありませんか?

「あー疲れた〜。よし!同僚に愚痴ってストレス発散だ!飲み行くぞ。」

会社員でしたら、たまにはあるシチュエーションかと思います。

飲みに行くのも良いですが、そんな時は飲み誘う前に少し立ち止まって以下のことを考えてみてください。

 

Step① 状況を整理する

まずは、現状の何に不満を感じ愚痴を言いたくなっているのでしょうか?

感情的になっていては、問題を解決することはできません。

まずは起きている事象の整理から。

そうすることで、課題が見えてきます。

Step② 自分の努力でどうにかできることか?考える

課題について整理ができたら、課題について掘り下げて考えてみましょう。

その課題は、自分自身の工夫や努力で解決できるものでしょうか?

取引先や上司からの高すぎる要望は、自身が働きかけをすることができるのであればどうにかなる問題と言えるでしょう。

逆に会社全体の仕組みとして、自身の努力ではどうにでもならないような不満も時にはあるでしょう。

このように、組織として決定されていることに関しては努力うんぬんとは別問題ということになります。

Step③ 行動に移す or  考えないにようにする

Step②で自身の努力でどうにかなる場合は「行動に移す」、自身の努力でどうにもならない場合は「考えないようにする」ととるべき行動が分かれます。

考えないようにすると言うとネガティブな印象ではありますが、どうにもならないことで思い悩むくらいなら考えない方がマシです。

 

前向きに諦めることは精神的に良い

「諦める」というと、負の印象を抱きますが、前向きに諦めることは時には必要です。

考えても仕方が無いことに悩まされるくらいなら、自分でどうにかできることにのみフォーカスを置き、行動に移すべきです。

そして、一般的に仕事ができると言われる人はそのことを良く理解しています。

解決策がないことをグチグチ悩むことは、ゴールの無い迷路をさまようようなもの。

精神衛生上も良くないのは明白です。

出来ることと出来ないことを明確に線引きをし、クリアな気持ちで仕事に臨むことで、やるべきことが見えてきます。

そういう状態で仕事をすることが出来れば、愚痴を言う必要が無い状態でいられるものです。