ライフハック

【副業サラリーマン向け】副業の成果が出ない時に考えたいこと

副業 上手くいかない

コロナウイルスの影響により、経済的不安を感じる人が増え、副業をするサラリーマンの割合が増えてきています。

また、具体的に副業はしていないものの、「興味がある」と言う人はそれ以上におり、今後ますます副業の流れが強くなると考えられます。

その一方、実際に副業を始めた人ものの、なかなか成果に結びつかず挫折してしまう人が多いのも事実です。

本業が忙しいサラリーマンは、特にその傾向が強いはずです。

今回は、副業で成果が出ていないサラリーマンが、真先に考えるべきことについて解説していきます。

しっかりと副業の時間を確保できているか?

副業をしているもののなかなか稼げないというサラリーマンの方に問います。

あなたは1日にどれくらいの時間を副業に使えているでしょうか?

稼げないと言う人に限って、副業のために、しっかりと時間を確保できていない傾向にあります。

それに会社で8時間、副業で4時間働いたとして、会社からの給与の半分の金額が収入として得られるほど甘いものではありません。

会社で働く場合、会社の仕組みを活用することができるため、直接的であれ間接的であれすぐに利益に貢献ができるます。

一方で、副業で利益を作るためには、自分自身で利益を産む仕組みを作る必要があります。

軌道に乗った時の爆発力はあるもの、軌道に乗せるまでは非常に難しいのです。

会社からの給与収入の場合、労働時間と給与から時給換算することができますが、副業(特にストック型の副業)の場合、そうはいきません。

時間をかければ、必ず成果につながると言うわけではありませんが、自分の中でルールを決めて副業時間を確保しない限り、利益が生まれることはないと思っていいでしょう。

世の中のニーズに応えられているか?

副業の為の時間をしっかりと確保して行動をしているものの、なかなか成果に結びつかない人も少なくないはずです。

副業の本でもよく紹介される副業のコンセプトとして「自分が好きなこと・得意なこと」を選択すべきである。というものがあります。

副業で成功する一番のポイントは継続することなので、確かに正しい考えです。そもそも好きな事でないと継続することは難しいので。

しかしながら、その「自身が得意なこと・得意なこと」は果たして世の中に必要とされているでしょうか?

どんなに素晴らしいモノやサービスでも、ニーズがなければお金を産むことはあり得ません。

自分自身が考えたコンセプトにニーズがないと思った場合でも、同じテーマで切り口を変えたり、別のエッセンスを付け加えることで、世の中に必要なものに変わることはあります。

時代が変われば、世の中のニーズが常に変わるので、常に意識して副業に取り組むべきです。

「フロー収入」と「ストック収入」の組み合わせ

収入の種類には、働いた分だけ利益を産む「フロー収入」と、働いていない時間にもお金を産む「ストック収入」があります。

会社からの給与収入もフロー型収入に当たるといえますので、多くのインフルエンサーはストック型の収入を作るべきだといいます。

上述した通り、ストック収入は仕組みとしてうまく回り始めるまでに、それ相応の時間がかかるので継続的に取り組む必要があります。

ほとんどの人がお金を目的として、副業に取り組んでいるはずです。

副業をしているにもかかわらず、利益がないと継続することが辛くなって然るべきです。

ですので、「フロー収入」と「ストック収入」の組み合わせで、取り組むのがおすすめです。

例えば、物販やライティングなどフロー型の仕事をしつつ、そのノウハウを商材にすることでストック収入を作るなどの方法があります。

フロー型の副業はうまくいかないと感じていても、ある日を境にうまく回り始めることはあります。

もちろん継続は大切ですが、何も考えずに続けていては、半永久的に稼げることはありません。

失敗と改善を繰り返して、副業を軌道に乗せることで、会社に依存しない自由な生活してを送ることに繋げていきましょう。