ライフハック

【日曜の夜に憂鬱にならないために】前向きに夜を過ごす方法

憂鬱な日曜の夜

日曜の夜は、翌日からの仕事のことを考えてしまい、憂鬱な気持ちになりがちです。

折角の休日なので、夜の時間はゆっくりと落ち着いた気持ちで過ごしたいというものの、どうしても月曜日のことを考えてしまうものです。

仕事に向けての切り替えは大切ですが、前日から憂鬱な気持ちになるのは精神的にも、良いことだとは言えません。

日曜の夜が辛いという方も多いとは思いますが、前向きな気持ちで日曜の夜を過ごす方法について考えてみました。

日曜の夜が憂鬱であるのは自然なこと

日曜の夜になると、何となく憂鬱な気持ちになることはあるとは思いますが、実は多くの人に見られることで、ごく自然なことでもあります。

日曜の夜の時間帯になると憂鬱な気持ちになることは、「サザエさん症候群」というようにも呼ばれているくらいなので、カレンダー通りの働き方をされるサラリーマンであれば、誰もが一度は経験したことがあると思います。

なんとなく憂鬱になったところで、何も生まないということはわかっていても、頭で整理できないのが心です。

辛いのは自分だけではない…みんな辛いんだから頑張ろう。というのは少しネガティブな考え方かもしれませんが、それが事実です。

自分だけが特別だと思い込み、自分自身を追い込むようなことはしないようにしましょう。

日曜の夜を前向きに過ごす4つの方法

日曜の夜を前向きに過ごすということは、なかなか難しいことかもしれませんが、ポイントは心理面で調整することと、今と向かい合うことです。

  • 出社してしまえば平気だったことを思い出す
  • 月曜の朝の楽しみを作っておく
  • 人と会話をする
  • 体を動かす

出社してしまえば平気だったことを思い出す

日曜の夜は、憂鬱な気持ちになり、会社に行きたくないという気持ちが強くなりますが、実際に月曜になって、会社に着いてみれば平気なものだと思います。

時間は嫌でも過ぎていくので、辛いと悩んでもしょうがないと理解して、先週も先々週も何とかなったことを思い出してみてください。

感覚的に不安な気持ちになりますが、過去も同じことを繰り返してきたことを理解すれば、不安な気持ちがやわらぎます。

月曜の朝の楽しみを作っておく

月曜の朝が来るのが嫌だ、という気持ちと背反する、朝が来てほしいという気持ちを作っておくことで、日曜の夜の不安な気持ちがやわらぎます。

月曜の朝はいつもより早く起きて、月曜にしかできない特別な習慣を作っておくことも効果的です。

お金がかかって毎日はできないことを、月曜の朝にするなど、工夫することでいつもと変わらない朝が特別な朝に変わります。

人と会話をする

一人きりでふさぎ込んでいると辛い気持ちが高ぶってきてしまいます。

気心の知れた家族や仲間と時間を共にして、話をすることで「明日のことを考える」という時間軸から「今を楽しむ」という軸で過ごすことができます。

ごはんやお酒を飲みながらゆっくり過ごすことで今を楽しみましょう。

体を動かす

人は体を動かすと血流が良くなり、自然と前向きな気持ちになります。

運動をすることは、自分と向き合うことでもあります。

仕事のことを考えるとどうしても周囲の人のことも考えてしまうものですが、自分自身と向き会う時間は仕事のことを忘れさせてくれるものです。

本当に辛きときは、誰かに相談をしよう

辛い日曜の夜ですが、折角の休日なので、充実した時間を過ごすようにしたいです。

日曜の夜18時~24時まで辛い気持ちであったとすると、一日にの1/4もの時間を辛い気持ちで過ごすことになります。

4つの方法を紹介しましたが、自分に合った前向きになれる方法はあるはずですので、いろいろと試す中で、良い形で月曜の朝を迎えるようにしましょう。

しかし、精神的に追い込まれてしまっている状態では、考え方や過ごし方でどうこうなるという問題でもありません。

私自身、仕事を始めた当時は、休日に入ったばかりの土曜日の昼間でさえも仕事のことを考えて辛い気持ちになっているようなときがありました。

頭で理解できても心がついていかないことはあります。

本当に辛い時は、自分だけで溜め込まず、誰かに相談するようにしましょう。

辛いという気持ちが長い間続くのであれば、うつ病などの疑いもありますので、迷わずに病院にかかることも必要です。

自分を追い込み過ぎる必要はないですし、逃げ出すことも必要なことであると理解しておきましょう。

日曜の辛い夜を前向きな気持ちで過ごし、また新しい1週間を良い状態で迎えられるように願っております。