ライフハック

他人を不快にする5つの癖と悪い癖の直し方

誰しも無意識のうちにしてしまっている癖がいくつかはあるものです。

癖も個性の一つですので無理に直す必要もないのかもしれませんが、人を不快にするような癖であれば見直す必要があるでしょう。

今回は、人を不快にする5つの癖と、悪い癖の直し方について解説したいと思います。

人を不快にする5つの癖

深いに感じるポイントは人によって異なるので、一概には言えませんが、下記の5つの癖は多くの人をふかいにさせるのではないでしょうか。

  1. 舌打ちをする
  2. ため息をつく
  3. 指をポキポキ鳴らす
  4. 貧乏ゆすりをする
  5. 口を開けて食べる

舌打ちをする

舌打ち

舌打ちをされて不快に思わない人は、ほぼいないのではないかと思います。

舌打ちをする人の心理は不快な状態にあると思いますが、癖で舌打ちをしてしまっている場合、常時不快であるような感覚に陥ります。

そして、周囲の人からも「いつもイライラしている人」と思われてしまうでしょう。

ため息をつく

ため息をつく

状況によってですが、ため息をつくことも人を不快にするものです。

疲れた時や、ホッとした時につくため息であれば、そんなに人を不快にはしませんが、常習的にやっていると、自分自身に良い影響はありません。

また、最も気を付けないといけないのが、人との会話の最中にため息をつくことです。

人間関係に影響を与えかねないので、特に気を付けるようにしましょう。

指をポキポキ鳴らす

指を鳴らす

指をポキポキ鳴らすことも人を不快にはさせる行為です。

本人に他意は無く、ただ単に気持ちがいいからという理由で鳴らしていたとしても、人によっては挑発行為にも受け取られてしまいます。

また、何度も連続して鳴らしていると、特に反感を買いやすいので指を鳴らす癖があるのであれば意識的に止めるようにしたいものです。

貧乏ゆすりをする

貧乏ゆすり

貧乏ゆすりをしている人の心理状態はイライラしている、不安で落ち着かない、というものがあるでしょうが、無意識にしてしまっているケースも多いと思います。

貧乏ゆすりは、名称の通り貧乏人を連想させる良くない癖であるとは周知されているものの、指摘されるまで本人も気づかないことも多いようです。

もし、貧乏ゆすりをしている人を見たら、不快に思うのではなく、自分自身も習慣的にしてしまっていないか振り返ってみた方がいいかましれません。

口を開けて食べる

口を開けて食べる

口を開けて食べるのが癖の人は、幼少期にあまり指摘をされずに育ち、そのまま無意識に口を開けて食べているというケースが多いようです。

口を開けて食べると、口元が視界に入り不快であるということはもちろん、くちゃくちゃと言う咀嚼音が外の漏れ、その音もまた相手を不快にさせる原因のひとつです。

口を開けて食べる人が厄介なのは、本当に悪気が無く癖になってしまっている所です。

本人は気づいてさえいないケースが多いので、本当に親しい人であった場合、伝えてあげることも本人の為かもしれません。

悪い癖の直し方

癖を直す

悪い癖を直すことは、ただ「やらなければいい」という簡単なことではありません。

癖というのは、無意識の習慣だと思うので、意識して・継続的に修正していく必要があります。

悪い癖を直す為には、3つのステップを踏むのが良いでしょう。

  1. 自分自身の癖を理解する
  2. 身近な人に手助けをしてもらう
  3. 良い癖を平行して身につける

自分自身の癖を理解する

癖というのは自分自身で気づけないものも多いと思いますので、まずは自分の癖を理解する必要があります。

まずは自分の癖を紙に書き出してみましょう。自分で把握できている癖がわかるはずです。

それから、周囲の人との会話の中で、癖について聞いてみるのも良いでしょう。

自分が把握できていない癖も少なからずあるはずです。

把握の有無に関わらず、自分の癖を理解して、直すべき癖をいくつかあげることがファーストステップです。

身近な人に手助けをしてもらう

自分の癖を理解したら、次はその中で悪い癖を直す準備にはいります。

家族や友人など、相談ができ手助けをしてくれる人に、直したい癖について話をして「改善する」と、コミットしましょう。

その上で、無意識のうちに悪い癖が出た時に指摘をしてもらうようにお願いをしましょう。

癖を直すには継続する必要がありますので、ひとりで挑戦するのでなく、手助けをしてくれる人がいると、やり成功する確率があがります。

良い癖を平行して身につける

悪い癖を直しつつ、良い癖を身につけることも並行して行うと良いでしょう。

例えば、貧乏ゆすりをする癖がある人は、座る時に踵を床につけて座るという癖付けができれば、貧乏ゆすりを防ぐことができます。

更に、踵を床につけて座るのが普通になれば足を組んで座るなどの足癖の悪さも同時に防ぐことができます。

悪い癖を、逆方向の良い癖に変えることで、再発を防止去ることができます。

知らずのうちに人が離れていく

人が離れていく

「なくて七癖」という言葉がありますが、人には少なからずいくつかの癖が存在します。

良い癖・悪い癖・どちらでもない癖があるかと思います。

癖も個性なので、むやみに直す必要もないですし、むしろ大切にするべきものもあります。

しかしながら、誰が見ても不快な思いをするような悪い癖は改善する方が良いでしょう。

癖のせいで人が離れていくというのも大袈裟な話ではありません。

自分自身の癖と向き合って、良好な人間関係を作っていきましょう。