雑記

単身赴任の引っ越しには家具レンタルがおすすめ!

家具レンタル

自由な働き方が求められる時代ではありますが、各地域に支店を持つような企業で働く人は、転勤も前提として勤める人がいるのも現実でしょう。

家庭を持つ人であれば、家族揃っての引っ越しといくケースもあるでしょうが、持ち家で子供が大きくなってきたタイミングであれば単身赴任を選択する人を多いように感じます。

突然の人事は予測できないことが多く、いつまた別の場所に転勤になるかわからないものでしょう。

だからこそ単身赴任での引っ越しをする場合は、レンタル家具サービスがおすすめではあります。

今回は、レンタル家具の長所・短所を含め、おすすめの理由を説明していきます。

レンタル家具サービスとは

レンタル家具サービスとは、生活に必要な家具や家電などを格安でレンタルできるサービスです。

短期間であったり不特定の期間での生活の場合、便利で使い勝手の良いサービスのように感じます。

単身赴任の場合、家族が暮らす実家には家具がありそれとは別で家具を揃えることになります。

会社が費用を負担してくれる場合でも、金銭面衣だけでなく、購入したり廃棄したりする「手間」を削減することが出来ます。

しかし、同じ単身赴任でも状況によって買う方がお得な場合もあります。

間違った判断をしない為にも、レンタル家具サービスの長所・短所を理解するようにしましょう。

レンタル家具サービスの長所

  1. 新しい家具の購入の手間が省ける
  2. 初期コストを抑えることが出来る
  3. 不要になれば返却すれば良い

①新しい家具の購入の手間が省ける

最低限の生活をする為の家具や家電は割と多いものです。

ベッド・ソファー・机・テレビ・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ、ざっと挙げただけでも片手では収まりません。

人によって要不要は異なるとは思いますが、これだけの家具・家電を揃えるのはかなりの手間にもなります。

レンタル家具の場合は、検討し購入する手間を省くことができます。

②初期コストを抑えることが出来る

新しい家具を揃える為には、少なめに見ても10万円以上はかかるものです。

会社により負担額は異なるかと思いますが、いずれにしても初期コストは低いに越したことはないはずです。

レンタル家具の場合、月割りでの費用計上のため初期コストが大きくかかることがないので安心感もあります。

③不要になれば返却すれば良い

購入の場合、利用開始に大きくコストがかかるだけでなく破棄する時にもコストがかかってしまいます。

実家に戻り、そのまま利用するのであれば良いですが、シングルで利用する家具・家電を使う機会はあるでしょうか。

販売するにしても、使用済み家具は価値が落ちてしまい高値はつかないでしょうし手間もかかります。

レンタル家具であれば、そのまま返却すれば良いので出口戦略という面でもおすすめできます。

レンタル家具サービスの短所

  1. 長期間の利用は割高になる
  2. 最低利用期間がある

①長期間の利用は割高になる

当然ではありますが、レンタルの場合は毎月コストが発生しますので長期間の利用になると割高になります。

単身赴任の場合、ある程度会社側も配慮して2〜3年という期限付きにするケースが多いようですが一概には言えないでしょう。

また、単身赴任が終わった後も利用するのであれば、購入しておいた方が良かったと感じることもあるでしょう。

②最低利用期間がある

サブスクリプション方式のサービスは、いつでもやめることができるのが強みではありますが、中には最低利用期限が設けられているものもあります。

家具レンタルサービスの場合は、料金体系的に最低期限が設けられているケースがほとんどです。

単身赴任になって、1年足らずで戻るということは少ないとは思いますが、何があるかはわかりません。

また、使い始めた家具が合わなかった場合も簡単には変えられないということが言えます。(購入の場合も同じではありますが。)

モノを保有する時代から共有する時代

「シェアリングエコノミー」という言葉が流行っていますが、2020年代はモノを保有する時代から共有する時代になると言われています。

購入をせずに必要な時のみ借りることで、金銭的負担や精神的負担が軽くなることは往々にしてあると思います。

これまでは家具と言えば購入する選択肢しかなかったですが、サービスの多様化で借りることができる時代です。

レンタルサービスを利用するかしないかは状況により異なるとして、選択肢として頭に入れておくと良いでしょう。