節約術

【無駄遣いが多い人向け】「袋分け」管理で家計を守ろう!

袋分け管理

節約をして貯金を増やしたいと考えるものの、つい無駄遣いをしてしまうという事はあると思います。

また、家計簿をつけようと思ったものの、三日坊主で終わってしまったという人も多いかもしれません。

そのような、お金の管理が苦手な人向けにおすすめの家計管理法として「袋分け」管理があります。

今回は「袋分け」による家計管理の手順とメリット・デメリットについて解説していきます。

「袋分け」管理の手順

それではさっそく「袋分け」管理について3つのステップに分けて、解説していきます。

ステップ① 【月初】各項目の予算を決めて袋分けをする

まずは、項目ごとに予算を決める必要があります。

家計管理が苦手な人は、何の項目に分ければ良いか、それぞれ幾ら配分すれば良いかがわからないかもしれません。

ただ、初月はざっくりでかまいません。

毎月の集計をとり翌月も繰り返すうちに全体の支出を把握し、実生活に沿った予算の設定ができるようになります。

項目は家計によって異なるかもしれませんが、<食費><日用品><嗜好品><雑費>の4項目くらいからスタートすると良いでしょう。

最初は雑費の項目が多くなると思いますが、レシートをとっておき月末にまとめて何に使ったかを見てみましょう。

そして徐々に分割して項目を増やして詳細を把握するのが良いでしょう。

いきなり頑張りすぎると続かないので、大まかにスタートするのがポイントです。

ステップ② 【日々の生活】袋の中からお金を使う

買い物の際は、袋の中からお金を使う習慣をつける事が大切です。

最初は袋からお金を出して支払することに抵抗を感じるかもしれませんが、慣れてくれば周りの目は気にならなくなるものです。

また、袋の中からのみお金を使う事をルールにすれば、買い物の頻度自体が減り、無駄遣いが減るはずです。

袋の中を見れば、残高がすぐにわかるので家計簿を付けることなく予算を追って考える事ができます。

買い物後、レシートは捨てずにそのまま袋に入れるようにしましょう。

ステップ③ 【月末】各項目の集計をとり翌月の予算を決める

面倒くさい作業かもしれませんが、月末の集計こそ家計を管理する上で一番重要な事です。

手間に感じるかもしれませんが、こまめに家計簿を付ける手間に比べたらかわいいものです。

月末になると、各項目の袋はレシートと小銭でパンパンになっているかもしれませんが努力の証と思うようにしましょう。

このやり方であれば、家計簿が続かないという人も心配はありません。

月末に余ったお金は貯蓄に回し、翌月の予算は当月よりも抑えられるように設定しましょう。

ただし次月の予算設定で現実離れした、予算にしてしまうと続かない要因になるので注意が必要です。

「袋分け」管理のメリット

「袋分け」管理のメリットは下記3点があります。

①月末までに使える残高が可視化される

袋を見れば残高がすぐにわかるので、管理が苦手な人にとってはわかりやすくて良いでしょう。

月末までの残りの日数を考え、ペース配分をする。

その結果、節約をするというルーティンをつくることこそ袋分けをする目的でもあります。

②物理的に使えない環境を作れる

家計管理をせずお金がなくなったらATMへ走るという生活の場合、あるだけのお金を使ってしまうリスクがあります。

その反面、袋分けをしておけば物理的にお金を使えない環境を物理的に作り上げる事ができます。

もし、不足してしまいお金を追加をしたとしても何も考えずに使っていた頃よりも確実に節約習慣は身に付いているはずです。

③こまめに家計簿を付けなくて良い

家計管理と言うと多くの人が「家計簿」と口を揃えて言うと思いますが、継続が難しい事も事実です。

その点、袋分けをしておけば、家計簿をまとめるのは月末の1回のみ。

継続する事が苦手な人でも、簡単に家計管理ができる事は最大のメリットとも言えるでしょう。

「袋分け」管理のデメリット

良い事だらけに感じるかもしれませんがデメリットもあります。

①袋を持ち歩くのが手間

買い物に行くたびに袋を持ち歩かないと行けない事はわかりやすいデメリットです。

無駄遣いを減らす為にも、不要な買い物は避けるべきですが、どうしても急遽必要になる事はあるはずです。

もしそのような際は、袋の中から使った分のお金を財布に戻すようにしましょう。

②マイルールに流されない強さが必要

予算を決めたものの、足りなくなったから追加しよう!というのが当たり前になってしまっては意味がありません。

また、セールがあるから「特別出費」など、マイルールを作ってしまうと袋分けをするメリットが生かせなくなってしまいます。

自分に負けない強さが必要という点は理解しておきましょう。

完璧を目指す必要はありませんが、真摯な気持ちで取り組む事が大切です。

③キャッシュレスのポイントが受けられない

クレジットカード決済やQRコード決済などのキャッシュレスの場合、ポイント還元がありお得に買い物ができます。

「袋分け」管理の場合、原則として現金で運用する為、ポイント還元を受ける事ができません。

勿体ないと感じるかもしれませんが、その勿体ないという気持ちは1回1回の買い物の際に感じるようにしましょう。

不要な買い物に使ってしまう金額と、キャッシュレスポイントで得られる金額を天秤にかけて考えると良いでしょう。

お金について習慣的に考える第一歩

私自身、今現在は「袋分け」をやってはいません。

ただ、家計管理が苦手で何とかならないか…という時に「袋分け」管理と出会いました。

その結果、習慣的にお金について考える事ができるようなりました。

この習慣がついてからと言うもの、それまでなかなか続かなかった家計簿が習慣化されたのです。

生活に欠かせない大切なお金、だからこそ習慣的にお金について考える事は重要です。

何に幾ら使ったかを把握する事は、自身の生活習慣を把握する事でもあります。

節約生活が長続きせず貯金ができないという人は是非試してみてください。