節約術

【ポイント還元の罠】キャッシュレスによる不要な買い物に要注意!

キャッシュレス決済の罠

2019年10月、ついに消費税率が10%に引き上げられました。

消費増税のたびに、国民の消費は抑えられ、景気が悪くなるという歴史を繰り返している日本。

その対応策として、政府が行った施策の中でも特に注目されているのが「キャッシュレス決済によるポイント還元」だと思います。

今回は、ポイント還元でお得に買い物をしたい!と強く思う人向けの注意喚起の記事となっております。

ポイント還元の罠

キャッシュレスの罠

ポイント還元という言葉を聞くと、買い物をすればすればするほど「お得」だと感じるかと思います。

確かにポイントが何もつかないよりも、通貨の代わりになるポイントを貰えるに越したことはありません。

しかしながら、ポイントをもらうことが目的になってしまうと政府の罠にまんまと乗せられてしまっている状態であると言えます。

別の記事でも書いておりますが、現金のみの店である代わりに、価格が安い店というのは存在しています。

ポイントを加味しても現金のみの店の方が圧倒的に安いのに、便利でポイントも付くコンビニなどでの買い物が増えたら本末転倒ということになります。

また、ポイントの二重取り三重取りなど実際にできるとは思いますが、それをすればするほどポイントへの執着が強くなってしまいます。

ポイント還元は、うまく利用することでお得にはなりますが、意識しすぎると逆に損してしまうケースもあるので注意が必要です。

不要な買い物に要注意!

不要な買い物

もう一点気を付けないといけないのが、当然ではありますが名前の通り、キャッシュレス決済の場合、現金の動きが無いということです。

買い物をする際も、現金払いよりはお金を使ったという感覚が希薄になってしまうので、消費することに抵抗がなりがちです。

必要なものを買うと決めた店で購入する際に、キャッシュレス決済ができるのであればそれに越したことはないですが、不要なものを感覚的に買ってしまうようになると危険です。

キャッシュレス決済の役割にお金の流れが見え、莫大なデータが集まるということがありますが、財布の紐を緩め消費を促すというものもあるでしょう。

みんながお金を使えば経済が回るというのは間違いです。1%の金持ちが99%の富を蓄えているような世の中です。

根拠のない理想を掲げるやりも、不要な消費を避け、現実に貯蓄を増やすことで将来への備えを持つことの方がよっぽど重要だと断言します。

買い物をする際(特にキャッシュレスの際)には、一度立ち止まって本当に必要なものかを考えてからレジに向かう習慣が大切ですね。

おまけ程度に考えるのがベター

おまけ程度

ポイントが貯まるとお得をしたように感じますが、ポイントが貯まるということはそれだけ、支出が増えるということです。

クレジットカードでもQR決済でも、いつでも使えるよう準備しておいて使える環境になったタイミングであくまでも「おまけ」程度に考える方が良いでしょう。

おまけと捉えることで、貰えなくてもともと、貰えてラッキーというような感覚でいることができます。

ポイント還元にこだわりすぎるとポイントがつかない買い物をした時に損したという錯覚に陥りますし、そのせいでもったいない買い物をしてしまうかもしれません。

キャッシュレス決済にこだわり過ぎで余計な買い物をしてしまうよりも、しっかり支出を管理して本当に必要なものだけを買うということを意識したいものです。

罠にはまらない為にも家計管理を!

家計管理をする

キャッシュレス決済は現在進行形で増えている最中で、これからますますユーザーは増えていくでしょう。

日本でもキャッシュレス決済がベーシックなものになる日もそう遠くないと思います。

キャッシュレスを多用するようになり余計な出費が増えたという話はよく聞く話ですが、個別で家計簿をつける等して、月にいくら使ったを管理するようにしましょう。

キャッシュレス決済の罠にはまらない為には、しっかりと自分自身で管理し、出費が増えていると確認がとれたら財布の紐を固く調整する必要があります。

計画を立てつつ、必要なものを買う時のみにキャッシュレシュ決済を使用することで、ポイント還元の利点のみを受けるようにしましょう。