節約術

【貯金の一歩】コンビニ立ち寄りの「習慣化」は危険な行為?

コンビニに立ち寄り

日頃からコンビニはご利用されていますか?

改めてですが、コンビニではほしいものがすぐ手にはいるので、とても便利です。

店舗数も多く、街中では数十メートルおきに競合店がひしめき合っています。

電車で通勤をされる方は、出社時に会社最寄りの駅のコンビニに寄り、帰宅時に自宅最寄りのコンビニに寄ることはあるかと思います。

便利なのでついつい利用しがちですが、「習慣的」に立ち寄っているとしたら怖くないですか?

本当に必要なものであれば買うべきだと思うのですが、それってコンビニで買う必要がありますか?

「節約」をして「貯蓄」に回したいという人は見直しをするタイミングかもしれません。

コンビニ立ち寄りが習慣化されていた独身時代の私

現在我が家ではコンビニを使わないという暗黙のルールがありますが、私自身も独身時代は毎朝、会社近くのコンビニに立ち寄ってから出社していました。

当時、たばこを買うという絶対的な命題があったためにコンビニに寄ることが習慣化されていました。

そして、たばこを買うのと同時に、朝食を買う⇒家で食べる必要がなくなる。ということまで習慣化され余計にお金がかかっていました。

また、習慣的に立ち寄るので、買い物一緒に済ませたほうが楽だ!という理由で必要のないものまでしばしば買っていました。

毎日1000円近くのお金をコンビニに落としていたことになります。今考えると本当にバカなことをしていたな・・・と感じます。

コンビニの習慣化で失うものはお金だけではない。

例えば、「食生活」です。

コンビニのおにぎり、ご飯、お惣菜…めちゃくちゃおいしいのですが、ご存知の通り、添加物てんこ盛り、塩分・油分含みまくりの非健康食です。

コンビニ食に慣れてしまうと、薄味の食事では物足りなくなってしまい、生活習慣病のリスクも上がります。

また、「生活リズム」も乱れます。

ほしい時にほしい物がすぐに手にはいるので、計画を立てる必要がなくなります。

その結果、独身時代の私のように、朝食は家で作って食べなくなります。

コンビニで買って会社で始業前に食べたほうが楽だし便利という理由で、生活リズムまで崩れていきます。

コンビニの習慣化を改善ために

まずは、ペットボトル飲料の購入をやめることがおすすめです。

コンビニで150円ほど出して買っている飲料ですが、コンビニでなく近くのスーパーやドラッグストアで買うようにしてみてください。

料金にして1本当あたり50円から80円程度安く買えます。

1本単位でみると小さなお金ですが、本数がまとまるとそれなりの金額になります。

ネット通販で購入した飲料や家で沸かしたお茶を 持ち歩くことはよりおすすめです。

最初は面倒かもしれませんが、慣れてくると全く苦でなくなります。

コンビニに立ち寄る回数を減らすことができれば、1回1回の買い物の必要性も見直すことができます。

最後に・・・

コンビニに行けば、複数の店舗に足を運ばずとも、完結できます。

時間の削減につながりますので「お金で時間を買っている」という考え方もできますが、そのコンビニにいくという行為は本当に時間を確保するためでしょうか。

おそらく多くのコンビニ利用者は、「コンビニは楽」⇒「習慣化」されていると思います。

人間は楽をしたい生き物なので目の前の便利さ・快適さを選択しがちですが、

長期的な目で見たら「コンビニに行くこと」は楽ではない生活に向かう行為なのかもしれません。