節約術

【固定費の節約】家計の見直しは固定費から始めよう!

固定費の見直し

節約について考える場合、どのようなことをが思い浮かべるでしょうか。

「食費を抑える為に外食を減らし自炊をする」や「ショッピングの回数を減らす」「飲み会の回数を減らす」・・・などでしょうか。

確かに節約をする上で欠かせないことですが、上記したような「変動費」を下げることは重要なことです。

しかし節約生活を始めるのであれば、最初は「固定費」の見直しからはじめて見るのが良いのではないでしょうか?

固定費の種類

支出を考える際に項目ごとに考えることは大切でありますが、一番大きな括りで考えると「固定費」と「変動費」に分けることができます。

固定費として上げられるのは下記項目があります。

住宅費 

賃貸住宅に住まいの人は家賃、持ち家の人は住宅ローン費ということになります。

また、賃貸でも購入した場合でもマンションに住んでいる場合は共益費もかかってくるので、共益費まで含んだ住宅にかかる固定費を指します。

理想は収入の30%と言われますがいかがでしょうか?

家庭環境や居住地により変わってくるかと思いますが、住宅費を抑えることができれば、生活に余裕が出ることは間違いありません。

保険費 

生命保険や医療保険など、個別で加入している保険料になります。

保険料に関しても外貨建ての保険にでもしない限り、毎月固定になるでしょう。

保険料を抑える為には、積み立て式のものよりも掛け捨て式の方が保険料は下げることができます。

積み立て式のものが悪い訳ではありませんが、一度加入すると見直しがしづらいという点や支払額に対しての保証内容を考えると保険は最低限で掛け捨てにして、別で積み立てる方が良いと考えます。

通信費

1人1台はスマホを保有している時代ですので、誰しも通信費はかかっているかと思います。

格安スマホへの乗り換えは特にお勧めされる節約法ですが、当然異論はありません。

通信速度や通話料などのデメリットは無い訳ではないですが、普通に使っている分には何も困らない要なきがします。(※個人的感想です)

また、WiFiを別で契約しているのであれば、スマホとセット割にするであったり、賃貸マンションが契約しているプラットホームを利用するなどすれば、格安にて契約することができます。

キャンペーン等、受けられる恩恵はしっかりと受けることもお忘れなく。

水道光熱費 

月の使用量により変動があるので、厳密には基本料が固定費で使用量は変動費ですが、大きな括りで固定費で良いでしょう。

ライフラインでもあるので、過度な節約はおすすめはできませんが、つけっぱなしの電気やつけっぱなしのエアコン等はNGです。

固定費を下げるという観点で見ると、ガスと電気の契約会社をあわせると割引があったり、光熱費の支払をカードでする等の工夫は簡単にできます。

自動車費

車を所有している人は、決して安くない毎月の支払があるはずです。

家は持家派と賃貸派でよく議論されていますが、額こそ違えど車も議論されるべきです。

居住地や生活リズムによって必要性のは変わるかと思いますが、使用頻度が低いようであれば、カーシェアに置き換えるのも良い選択だと思います。

固定費から見直しをするべき理由

節約をするのであれば、まずは固定費から見直しをするべき理由はズバリ2点です!

  1. 変動費よりも少ない努力で成果が出る
  2. 長期的に節約効果が出る

変動費よりも少ない努力で成果が出る

変動費を節約するとなると、自制心が必要ですしそれ相応の我慢も求められます。

「ランチは毎日弁当」「コンビニは使わない」など習慣になるまでは大変だと思いますし、目的意識が無いとついつい…なんてことも少なくないと思います。

それに比べて、固定費は大きな努力をしなくても成果を出すことができます。

「保険を見直す」「格安スマホに変える」などは面倒ではあるものの、そんなに大変という訳でもありません。

「家賃を下げる」ことに関しては、暮らしについて考えることでもあるので賛否両論だと思いますが、食費を1万円下げるより家賃を1万円下げる方が、簡単であるのは事実だと感じます。

長期的に節約効果が出る

固定費の特徴は、1ヶ月で見ると大きな金額でなくても、年間で見ると×12の価格になるので所です。

逆に言うと、固定費を下げることができれば長期的に節約効果が出ると言うことになります。

毎月定額で課金されるサブスクリプションの料金体系が増えてきた背景には、安定して収益が作りたいという企業の狙いがあります。

もし利用していないサービスがあれば、優先的に見直しの対象にするのが良いでしょう。

固定費削減時の注意点

固定費を削減することは、非常に重要だということは理解できたとして、当然注意点もあります。

ここまでの話だと「固定費の削減=善」というように聞こえるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

固定費を削減する際の注意点は、「生活環境を犠牲にしてまでの固定費の削減すること」です。

必要以上の固定費を費やしている場合は見直しが必要ですが、すでに切り詰めている状態でさらに削減するのは人生の満足度を大きく足してしまう行為でもあります。

固定費の中の各項目を見直し、正確に数字を把握した上で納得をしたレベルまで固定費を落とすことができたら、次は変動費の見直しに移りましょう。

変動費だけでなく、固定費もライフスタイルによって変わるのは自然なことです。

定期的に見直して、自身の暮らしに適したベースメントを築くようにしたいものです。