節約術

我が家の家計簿大公開!【2020年12月】

家計簿

2020年はコロナウイルスの影響もあり、大きく世の中が変化した1年でした。

そんな1年の締めくくりの12月…。

1年の締めとして、きっちりと予算内に収められれば良かったのですが、イベントもあり出費も増えてしまったのが実情です。

12月の家計簿を公開していきたいと思います!

まずは、我が家の基本情報からです↓

・夫(会社員)/ 妻(パート) / 娘(2歳3ヶ月)/ の3人家族
・地方都市(福岡県)に在住
・賃貸マンションに住居・自動車の保有無し
・住宅ローン、自動車ローン、その他ローンは無し

子育てファミリーのリアルの家計簿(年末編)をご覧ください。

12月の支出(固定費編)

 支出額目標額差額
住宅費92400924000
光熱費1900918000▲1009
通信費99721000028
合計121381120400▲981

寒い季節になってきたこともあり、エアコンを利用する機会が増えてきました。

2019年と2020年で比較すると、電気代は¥7510→¥7137と¥373円下がったものの、ガス代は¥6867→¥519と¥519上がった状態でした。

昨年の数字と比較して、生活を振り返ることも今後は意識するようにします。

12月の支出(変動費編)

 支出額目標額差額
食費3534635000▲346
日用品964310000357
嗜好品77448000256
レジャ-2522215000▲10222
雑費5775835000▲22758
交通費520070001800
医療費1529010000▲5290
教育費48728520003272
特別費156180▲15618
合計220549172000▲48549

1年の締めくくりの12月でしたが、支出が重なった事もあり、財布の紐が少し緩んでしまったように感じます。

【トピックス① レジャー費】

外食で使ったお金もレジャー費に計上していますが、家族で外出が増え、外食の機会も多かったので、1万円ほど予算を超えてしまいました。

外食も含めたレジャーは浪費というカテゴリーにはなりますが、我慢ばかりだと良くないと思っています。

仕事をする原動力にもなることので、2021年は他のカテゴリーとバランスを考えて、すこし予算を上げようかと思っています。

【トピックス② 雑費】

流行のコミックスを23巻まとめて大人買いしました。(何の漫画かは巻数でお察しください)

その他、年末だったのでキッチン用品の買い替えや妻の美容院などで、大幅に予算オーバー。

【トピックス③ 特別費】

12月の大きなイベントとして、クリスマスがありますが、妻子へのプレゼント代は特別費で計上しました。

コロナ禍で外出は控えましたが、家族で良いクリスマスを過ごす事が出来ました。

【家計簿〜2020年12月】総括

 支出額目標額差額
固定費121381120400▲981
変動費220549172000▲48549
合計341930292400▲49530

全体的に支出増が目立った12月でした。

反省を活かしつつ2021年も引き続き、支出を把握した上で、貯蓄を増やしていけるように努めます。

1年間予算を立てて行動して、具体的な数値も出て来たので、2021年の予算飲み直しも必要だと感じています。

①人生を豊かにする事にはお金を使う

②ただし上限を決めて範囲内で楽しむ

③無駄遣いはしない

上記の3点を踏まえて、2021年も楽しみながら節約生活を過ごしたいと思います。