節約術

我が家の家計簿大公開!【2021年3月】

家計簿

年度末の3月、仕事にプライベートにと何かと忙しい時期ではありました。

そんな3月ですが、2月に続き普段は発生しない特別支出が多くなってしまいました。

必要な支出と割り切ってはいるものの、改めて気持ちを引き締める為にも、しっかりと1ヶ月の振り返りをしていきたいと思います。

まずは、我が家のステータスになります。

・夫(会社員)/ 妻(パート) / 娘(2歳6ヶ月)/ の3人家族
・地方都市(福岡県)に在住
・賃貸マンションに住居・自動車の保有無し
・住宅ローン、自動車ローン、その他ローンは無し

3月の支出

 支出額目標額差額
食費31399330001601
日用品91188000▲1118
嗜好品85337100▲1433
レジャ-2323217500▲5732
雑費4757433000▲14574
交通費24193000581
医療費1461811000▲3618
教育費10006750000▲50067
特別費16610117000▲149101
家賃92400924000
光熱費2180418000▲3804
通信費920010000800
【合計】526465300000▲226465

見て頂いての通り、3月は支出が爆増した1ヶ月でした。

特に気になる項目としては、①レジャー、②雑費、③教育費、④特別費 の4つでした。

トピックス① レジャー

3月は苺が旬な時期でもあるので、家族でいちご狩りに出かけ1日で1万円を超えるレジャー費があったため、全体で5732円オーバーでした。

宿泊を伴う旅行レベルになると特別支出で計算していますが、宿泊を伴わない遠出レベルだと、レジャーで計上するようにしています。

我が家ではマイカーを保有していない為、たまにレンタカー代がかかるですが、全体の支出を下げることには繋がっているはずです。

トピックス② 雑費

全体で、14574円のオーバーでした。

妻の美容院代で9000円かかったこと以外にも、数千円単位での支出がボロボロと出てきたことも支出増の原因になりました。

トピックス③ 教育費

こちらも、50067円のオーバー。

娘の保育園の転園ががあり、保育料の支払いが重複した為大きく飛び出してしまっておりますが、これはしょうがないと割り切るようにします。

トピックス④ 特別費

2月に続いて大幅に特別費がかかってしまい、全体で16.6万円でした。

・私のMacBookの購入→11.6万円

・ディズニーランドチケット→2.5万

・掃除機の新調→2万    ・・・等。

4月からは、新年度なので、完全に切り替えていきます!(笑)

3月の収入

 金額割合備考
手取給与44350195.6%夫+妻
副業収入144203.1%
UberEats等
雑収入5918
1.3%児童手当+ポイ活
【合計】463839100%

給与収入が全体の95%を占める形となってしまいました。

副業に割く時間が思うように作れず、副業収入がお小遣いレベルになってしまったことが原因です。

また、UberEatsの報酬制度のテスト変更が京都・福岡で行われ、報酬減の影響をモロに食らったこともあり、やる気がなくなったことも事実です。

ただ、今回のように、運営側の方針で収入は大幅に変わるということを実感できたので、かなり良い勉強になリマした。

現在は、報酬額はおおよそ改訂前に戻っているので、2〜3万円くらいのペースで続けながら、別の収入についても考えていきたいです。

【家計簿〜2021年3月】総括

 金額割合
収入463839100%
支出526465113.5%
貯蓄▲62626▲13.5%

特別支出が大きかったとはいえ、赤字家計になってしまいました。

ビジネスならまだしも、個人レベルでの赤字は支出のコントロールができていないからと言わざるを得ません。

翌月に買い物を回すなど、できることはあったはずです。

とはいえ、PCの新調にかかったコストは今後収入を増やしていくための「投資」と捉えることもできます。

引き続き、支出減のみでなく、収入増も意識して生活をしていくようにします。

4月はリベンジ!気を引き締めて家計管理していきます。