節約術

家計簿が続かない理由|NG行動3選

家計簿が続かない

お金を貯める上で、家計管理が必須であることは言うまでもありません。

そして、家計を管理する為には家計簿をつける必要があるでしょう。

そして貯金ができない人の多くが、家計管理をする過程の家計簿でつまづきがちです。

今回は、家計簿が続かない人がやりがちなNG行動を反面教師に、家計簿を続ける考え方についてまとめました。

家計簿が続かない理由

家計簿が続かない理由は、簡単に言うと「面倒くさい・時間がない」というとことでしょうか。

家計簿を開く頻度が徐々に落ちていき、家計簿から足が遠のいてしまうというのが良くある続かないパターンです。

普段忙しい人は、お金を使ったらすぐに記録したり隙間時間にこま目に記録するのが良いでしょう。

ただ、続かない人はそれができないの実情だと思います。

家計簿をつける際に、あらかじめ甘めのルールを作っておけば

家計簿が続かないNG行動3選

家計簿をつけはじめたばかりの人が陥りがちな、家計簿が続かないNG行動は以下の3点です。

①支出の頻度が高い

家計簿をつける本来の目的は節約のはずですが、支出の頻度がなかなか下がりません。

支出の頻度が下がる=家計簿をつけ無くても良いということになります。

1日1円もお金を使わない日が3日のうち2日あれば、家計簿を付ける頻度は3日に1回でいいということになります。

支出額も当然ですが、まずは支出の度を下げる意識をしましょう。

必然的院無駄使いも減るはずです。

②支出の項目が多すぎる

家計簿をつけるからには、しっかりと細かくつけようと意気込む人もすくなくありません。

良い意気込みではありますが、細かくつけようとすればするほど続かなくなるので、程々にしておくべきでしょう。

「雑費」という項目は便利なので、迷ったらその項目に…というのは確かに良くないかもしれません。

しかし、特に金額が大きくなく頻度が少ない項目(2〜3ヶ月に1回程度)に関しては、雑費でまとめてしまって問題ないでしょう。

③目標とする予算が厳しすぎる

家計簿の目的の多くは支出を把握して、節約をして貯金を増やしたいというものがあると思います。

貯金に回せる金額は大いに越したことはありませんが、そのために現実離れした目標を立てるのは良くありません。

まずは1ヶ月きっちり入力をして、月末に不要な項目は無いかみ直してみましょう。

不要な買い物を抜いた支出額を目標額に設定することで、現実的な節約生活になるでしょう。

できるはずもない非現実的な目標はやる気が削がれるだけで、継続できるはずがありません。

適当でも良いから続けることが大切

何事も習慣化するまで3ヶ月の時間が必要だと言われています。

普段家計簿をつける習慣が無い人が、3ヶ月家計簿を継続するというのは甘いものではないと思います。

気合いを入れて始めたものの、記入漏れが増えていき財布の中身と計算が会わない日も出てくるかもしれません。

そんな時は、時間をかけてあーだこーだ悩むのではなく、足りない分は雑費や使途不明金などでまとめて計上してしまって良いでしょう。

計算が合わないことでイライラして家計簿を付ける行為が面倒なとというように脳にインプットされては決して続きません。

確実に把握する為に、項目ごとにきっちりつけるべきであるのは事実ですが、それは慣れてきてからの話です。

まずは、漏れがあっても適当でも良いから3ヶ月続けることを意識してみましょう。