節約術

無駄遣いをしていないのにお金が貯まらない人の勘違い

貯金ができない勘違い

貯金をしよう!そう思って頑張っているのに、なかなか増えない通帳残高を見て、愕然とした経験をはないでしょうか?

無駄遣いをしているわけではないのになぜかお金が貯まらない。

そんな人は、一度冷静になって支出の状況を細かく見直してみましょう。

今回は、無駄遣いをしていないのにお金が貯まらないという人の勘違いについて触れ、状況を好転させる方法を解説していきます。

お金が貯まらない人の勘違い

無駄遣いをしていないのにお金が貯まらないという人の勘違い、それは、無駄遣いさえしなければお金が貯まると思っていることです。

同じ支出でも、無駄遣いなのか、必要経費なのかは人によって異なります。

例えば、新しい服を買うことは多くの場合は必要経費になりますが、収入に見合わない額の買い物は無駄遣いになり得ます。

ただ、いくらまでが必要経費で、いくらからが無駄遣いなのか明確な線引きはありません。

だからこそ、無駄遣いさえしなければお金は貯まるという考えは勘違いなのです。

お金が貯まらない状況を見直そう

洋服の例を出しましたが、食費も日用品もレジャー費も同じことが言えます。

無駄遣いをしていないと思っていても、支出が増えてしまっていることは往々にしてあります。

お金が貯まらない人の家計は、「収入額−支出額=0」という計算式が成り立ってしまっているのです。

どんなに収入が高くても支出額が多くてはお金は貯まりませんし、頑張って節約をして支出を抑えたとしても収入が支出を越えなければ貯金はできません。

お金が貯まらない理由はどこにあるでしょうか?

それを理解する為には、何にいくらお金を使っているのか正確に把握することが必要です。

自身の支出を1ヶ月こま目に記録して分析してみると、無駄遣いとは思っていなくても予想以上に支出が多いことに気付かされるはずです。

貯金ができない状態から好転させる為には、現状を把握することから始めなければなりません。

まずは支出を見直してから収入を増やす

「収入−支出=貯金額」であるのであれば、収入を増やすことも鍵になってくることは言うまでもありません。

ただし、まずは支出の見直しをすることからすることをおすすめします。

なぜなら、どんなに収入が増えたとしても、支出をセーブする習慣が身に付いていなければ収入が増えた分だけ支出が増えてしまう為です。

穴の開いたバケツにどんなに水を注いでも溜まらないのと同じです。

まずは、バケツの穴を塞がなければなりません。

多くの人にとって、すぐに収入を増やすことは簡単なことではないはずです。会社に所属している場合は、自身の努力だけではどうこうなる問題ではないでしょう。

しかし、支出を減らすことは今日この瞬間から自身の努力で成果を出すことができます。

支出を抑えて、少額からでも貯金をできる体勢ができたらコツコツとすこしでも良いので蓄えを作りつつ、しっかりと腰を据えて長期的目線で収入を増やす行動をしましょう。

焦らず行動をすることで、確実に状況は好転するはずです。