節約術

【貯蓄ができない会社員の5つの特徴】反面教師にしてコツコツ貯めよう!

貯金ができない会社員

景気は上向いていると言われ始めて数年が過ぎますが、恩恵は受けていますか?

一部の優良企業にお勤めの方を除き、給料が上がったという方は少ないかと思います。

中堅企業に勤める私は、ほとんど感じることはありません。

会社も予期せぬことに備え蓄えを持つ時代です。

だからこそ、従業員にまでお金が流れてこないのかもしれませんが、

個人でも安心して生活できる程度の蓄えは欲しいところですね。

聞いても無いのに金がないという会社員は愚かだ

あまりお金の話はしたがらないのが日本人。

「俺、〇万円貯金してるよ!」と言ってくる人はいないにしても、

聞いてもいないのに「あぁーまじ金ねぇ」と発言する人って一定数いますよね。

だらしないなぁと思いながらも、話を合わせるのですが、

お金が貯まらない人を見てみるといくつかの共通点がある事に気が付いたのでまとめてみました。

お金がたまらないサラリーマンの5つの特徴

  • ①出社時間が遅い
  • ②スマホゲームが好き
  • ③積立制度を活用しない
  • ④残業代を稼ごうとする
  • ⑤飲み会が好き

①出社時間が遅い

これは貯金できるできない以前に仕事に対する姿勢かもしれませんが、

お金が無いといっている人は

始業ギリギリに駆け込んでくる確率が高いと思います。

計画性の無さが毎朝の習慣になっているのかも。

②スマホゲームが好き

スマホゲームを否定するつもりは無いですが、お金が無い人はよく休憩中にガチャがどうこうという話をしているイメージがあります。

そのゲームがどれだけ面白いのかは知らないけど、もったいないと思ってしまう。

重課金ユーザーなのだろうか。

③積立制度を活用しない

月初に財形貯蓄や持株会などといった積立系の封筒を対象メンバーに部長が配って回るけど、

お金が無いといっている人は、その封筒が配られない。そもそも貯める気が無いのだろう。

④残業代を稼ごうとする

残業代でお給料が変わってくるので、気持ちは分からなくも無いが、お金が無い人は無駄な残業が多い気がする。

そもそも無駄が多いので、無駄遣いも多いのだと安易に想像ができる。

⑤飲み会が好き

コツコツと飲みに行き、コツコツとお金を浪費している。むしろすごい。

人脈が広がるならいいが、いつも同じメンバーであるなら月1で十分。

お金が無い人から学ぼう

お金が無い事を人前で言うのは、大学生まででにした方がいいです。

はっきり言って、「昨日2時間しか寝てねぇからマジ眠いわぁ」という大学生と変わらないですね。

ただ、彼らがしている行動を反面教師として、逆の行動をとればいい習慣に変わります。

  • ①朝早く起きて早めに出社する
  • ②スマホゲームに時間とお金を使わない
  • ③積立制度を活用する
  • ④計画的に働き無駄遣いを無くす
  • ⑤むやみに飲み会に参加しない

なんかお金が貯まる雰囲気が出ていませんか。

人はネガティブなことに目がいきやすいですが、逆に捉えると勉強になることもあるはずです。

人のふり見て我がふり直せ。ですね。

今からでもお金がたまる週間はじめてみませんか?