節約術

電気代の節約なら『楽天でんき』がおすすめな理由

電気代 節約

生活費の見直しをするのであれば、まずは「固定費の見直し」からすると良いという話はよく耳にするかと思います。

固定費の削減はかけた労力に対しての効果が高く、その効果が長期に及びます。

電気代、ガス代、水道代といった光熱費は「基本料+使用量」で算出されるので完全に固定ではないですが、どのサービスを使うかで料金は変わってくるので一度見直しも検討してみてるのが良いでしょう。

今回は、光熱費の中でも特に高額になりやすい電気代の節約について考えてみました。

選べる時代だからこそ考えたい

これまでの時代は、地域で決められた電力会社(〇〇電力)との契約が必須だったため、電力会社を選択することはありませんでした。

しかし2016年4月より「電力自由化」が始まり、新たに参入した電力会社とも契約を結ぶことが出来るようになりました。

電力自由化は消費者からすると、『選択肢が増えた=コストを下がる機会を手にした』ことを意味します。

しかしながら、引っ越しのタイミングで契約した地域の大手電力会社のサービスをそのまま利用し続けている人があまりに多いように感じます。

各地域の電力会社が悪いという訳ではありませんが、コストを下げるチャンスを放棄していると考えると少しもったいないように感じてしまいます。

自ら選んで契約できる時代だからこそ、よりお得に自分に合った電力会社と契約をするのが良いのではないでしょうか。

「楽天でんき」がおすすめの理由

基本料が0円で利用分だけの請求!

多くの電力会社は1000円程度の基本料があり、そこに上乗せする形で使用量によって利用料がかかり、月の電気代が決まります。

しかし楽天でんきは基本料がかからないので、全体の電気代を低く抑えることができます。

ネットで電気代の確認ができる!

電気の使用量が月の途中でどのくらいかかっているか知りたいという方もいるかと思いますが、楽天でんきならそれが実現可能です。

電気代は生活の質に関わるので、ケチケチしすぎら必要はないかもしれませんが、無駄を削減することは必要だと思います。

月の途中で、金額をれ知ることで管理ができ生活を見直すことにも繋がります。

ポイントが貯まりポイントで支払も出来る!

楽天でんきの大きなメリットですが、使用料を楽天カードで支払った場合100円につき1ポイントが付与されます。

またそれとは別に200円の電気利用料ごとにに1ポイントが付与されます。

つまり楽天電気を楽天カードで支払えば200円につき3ポイントが付与されることになります。

ポイントで電気代の支払いもできるので、純粋に電気代の削減にあてることができます。

楽天でんきのデメリットは?

場合によっては電気代が高くなることもある

楽天でんきは多くの家庭で電気代の削減に繋げることが出来ますが、電気使用量の多くない一人暮らしの場合は高くつくこともあります。

支払がクレジットカードのみ

楽天でんきの場合、支払いはクレジットカードのみになります。

楽天でんきのメリットを活かすのであれば楽天カード払い一択になると思いますし、カード払いにしない恩恵が受けられないので当然といえばそれまでですが、銀行引落や振込で管理してきた人からすると管理方法を変える必要があるかもしれません。

引っ越してすぐの乗り換えはできない

楽天でんきをご使用中で引越しをする場合、最初の1ヶ月は各地域の電力会社との契約が必要になります。

そして引越しから1ヶ月後に改めて、乗換の手続きをする必要があります。

手続き自体はそんなに手間がかかるものではありませんが、更新の度に引越しを検討したいという人は手続きの回数が増えてしまうことを意味します。

シミュレーションをして判断しよう

いかに安い!お得!と言ったとしても、家庭環境や使用状況により、割安にならないケースもあります。

また、割安になるとしても具体的にどのくらいの効果が予めわからないと、わざわざ手間をかけようとはおままはないと思います。

楽天でんきシュミレーターを使って、簡単にシュミレーションができるので、まずは試して実際にどのくらいのメリットを手にできるかを数値で知るのが良いかと思います。

固定費の削減は最初は手間ですが、一度変えてしまえば後はただ安くなるだけなので、一度見直しの機会を作ってみてはいかがでしょうか?