節約術

お金が貯まる人の休日の過ごし方|お金を使わないために家でダラダラはNG

お金が貯まる休日

お金を貯めるためには、収入を増やすことと支出を減らすことに目を向ける必要があります。

ただ、急激に収入を伸ばすのが難しい場合が多く、支出を減らす事から始めるのが現実的でしょう。

お金の使い方は人それぞれですが、お金が貯まる人はどのようなお金の使い方をしているでしょうか?

今回は、お金が貯まる人の休日の過ごし方について考えてみました。

お金が貯まる人の休日の過ごし方

お金が貯まる人は、たとえ休日でも無駄なお金の使い方はしていません。

せっかくの休日なのだからと、毎週、ショッピングや外食、レジャー施設に出掛けていては貯まるお金も貯まりません。

当然、たまにのレジャーは必要なので、予算を決めているはずです。少なくとも上限なくレジャーにお金を費やすようなことはありません。

レジャー施設に行かなくとも、公園や公共施設を利用することで、お金を使わずに充実した休日を過ごすことができます。

子供がいる場合は、子供と一緒にスポーツをして汗を流すのも良い休日の過ごし方です。

また、子供と一緒に料理を楽しむことができれば、外食費も節約しつつ子供にとっても良い体験になります。

お金が貯まる人は、お金を使うことに着目するのでなく、体験することに着目をします。

お金を使わないとできない体験もあるので、予算を決めて計画的にお金を使っているのです。

お金を使わないために家でダラダラはNG

休日にお金を使わない方が良いのであれば、一日中家で過ごせば良いと考えるかもしれませんが、決してそういう訳ではありません。

仕事で溜めた疲労やストレスは、休日に適度に体を動かしたり趣味の時間に費やすことで解消されます。

疲れているからこそ、家でゴロゴロと過ごしたということは私自身なん度も経験していますが、休日が終わることにちょっとした後悔が残っているものです。

せっかくの休日なので、リフレッシュした上で、次の日からの仕事を迎えたいものです。

休日に消化できなかったストレスは、平日に持ち越し、ストレス解消の為に余計な支出につながりかねないので節約という観点からもおすすめはできません。

お金のかからない趣味を持つことができれば、1日活動をしても支出が増えることはありません。

支出を減らす工夫 + 収入を増やす努力

休日にお金を使う機会を減らすことができれば、お金が貯まりやすい環境はできます。

反対に、お金がなかなか貯まらないという人は、休日に財布の紐が緩んでしまい散財してしまう傾向にあります。

お金が貯まりやすい人は「体験」にお金を使うものですが、お金を使わないといけない体験も存在します。

幅広い体験は、人生を豊かにするのでお金を使わないことばかりにフォーカスすることは決して正しい選択ではありません。

支出を減らす工夫だけでなく、収入を増やす努力も必要です。

会社員の多くが、収入の全てが会社からの給料になるというケースがほとんどだと思います。

「副業」という観点を加えることで「休日にお金を減らさない」という考えから「休日にお金を稼ぐ」という考えが生まれてきます。

金額の大小に関わらず、まずは休日にお金を稼ぐという観点を持つことで、家計は少しずつ楽になっていくはずです。