節約術

「特別費」をボーナスで補ってはいけない理由【貯金の為に先取りを】

ボーナス 特別費

家計管理をする中で、予期せぬ出費は必ずと言えるほどあると思います。

そんな出費が発生した時に、「特別費」という項目で計上する人も多いのではないでしょうか。

特別な出費には、特別な収入「ボーナス」で補填するケースもあると思いますが、実はこれが貯金の妨げになる行為かもしれません。

今回は特別費の捉え方と捻出方法について分析してみました。

「特別費」をボーナスで補ってはいけない理由

特別費をボーナスで補ってはいけない理由として下記3点が挙げられます。

  1. 大きく貯める機会を失うから
  2. ボーナス頼りの家計になってしまうから
  3. 欲に負けることに繋がるから

大きく貯める機会を失うから

ボーナスの支給額は人により違いがあると思いますが、毎月の給料にプラスして収入があるという点ではありがたいお金に違いありません。

ボーナスの使い道で最も多いのが貯蓄というデータもある通り、貯金したり投資に回す絶好の機会になります。

全て貯金に回すのは非現実的かもしれませんが、全て使うという考えだとお金がいつまでたっても貯まりません。

ボーナス頼りの家計になってしまうから

特別費をボーナスで補うことは確かに自然なことかもしれません。

しかしながら、ボーナス頼りで家計の管理をしてしまうと余剰金がなく有事に対しての備えができません。

毎月の給与額で生活費及び生活で起こりうる特別費を計上し、ボーナスは備えに回すのが良いでしょう。

最低限の生活防衛資金ができるまでは、備えに回したい所です。

欲に負けることに繋がるから

生活を豊かにするためのも、一定量の浪費は必要になります。

ただし、人間の欲には際限がないことを忘れてはいけません。

毎月の給与で手が届かないものもボーナスを利用すれば買えてしまうものです。

欲との戦いと言うと大げさですが、貯金をする上で重要なことであることに違いはありません。

「特別費」向けに毎月先取りをしておく

特別費をボーナスで補ってはいけない理由がわかった所で、どのように「特別費」を捻出すれば良いでしょうか?

旅行のような特別費は我慢という選択もありますが、冠婚葬祭は避けては通れないですし生活家電等も永久に使える訳ではありません。

特別費をゼロにすることができないのであれば、毎月の生活コストを見直し先取りで積み立てをしておくしかありません。

いくら積み立てるかですが、1年で必要になり得る特別費を計算して12で割った金額を毎月積み立てるのがよいでしょう。

もしも、見立てを誤ってしまい積立額が足りなかった場合に、はじめてボーナスで貯蓄に回したお金を使えば良いということです。

「特別費」は生活資金と混合してはいけない

家計簿を付ける際のポイントは神経質になりすぎないということがあります。

ただしざっくりつけすぎた結果、使途不明金が多く計上されそのお金を「雑費=特別費」として計上してしまうと計画が崩れてしまいます。

特別費は頻度が少ないから「特別」なのであって、生活に使うお金と混合してはいけません。

キャッシュレス決済は購入履歴がデータとして追えるので、現金決済からキャッシュレス決済に帰ることで家計管理の手間を省けます。

生活コストの管理の簡素化の為にも取り入れるのは吉だと思います。

「特別費」の内容を明確にしておこう

最後に…「特別費」と一口に言っても内容は様々だと思います。

結婚式のご祝儀・プレゼント・家電・旅行などが我が家の場合思いつきますが、項目は家庭によって異なるはずです。

大切なのは特別費の内容を明確にしておき、何に幾ら使ったのか?そしてその支出は本当に必要だったのかを考え理解することです。

本当に必要であるものを買わないということは、人生を乏しくしてしまいます。

定期的に自身の価値観を整理し、生活にとって大切なものの優先度を考えることの必要性を感じます。